So-net無料ブログ作成
検索選択

最近身のまわりで起きた事(日常) 2015-11-28 (その9) [健康]

 私は料理について薀蓄を傾けるつもりではありません。というより知識もそれ程ないし、研究もしたことがないので専ら消費者の1人としての感想を述べているだけなので、ためにもならなければ腹のたしにもなりませんから読み捨てて下さい。
 さて、どうやら肉食の摂取をこわごわ再開しつつあるわけですが、肉食で忘れてならないのはステーキです。これまで、随分ステーキは色々な場面で食した覚えがあります。その中の一つ、かつて私が若い頃中国出張した時、牛肉の料理を頼んだ時、出て来た肉はとても固くてかむとゴムのような感じです。香辛料もつよく、何とかのみ込めたのを覚えています。牛は牛でも水牛の肉だということでした。以来しばらく中国の牛肉は水牛の肉と思っていました。ところが、最近仕事で訪中した際、出された牛のステーキは一口食べ気づいたのはそのやわらかさで、そして美味しさでした。美食家ではない私の口にもさすがに上等だと思わざるを得ませんで、思わずこの肉はどこの産かと聞いたところ何と、日本産だというのです。かねがね、日本産の米、日本産の酒はじめ色々な日本の食材が中国に輸入されていますが、日本産の牛肉を中国で口にした時の感慨は複雑でした。招待してくれた彼等自身が得意気に、ものすごく高価だがとても美味しいですよといっているのを目の当たりにして、どう反応したらよいのかと思ったものでした。
(つづく)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

最近身のまわりで起きた事(日常) 2015-11-27 (その8) [生活]

 ことのついでに話を進めますと、肉料理でまっさきに出てくるのは、私の場合「すきやき」です。子供の頃に家で食べたすきやきの味がすきやきの味として印象づけられています。ですから、その時分の経験は相当大切だと今さらのように思います。
 昨今は、すきやきのたれとして色々なメーカーものがスーパーに出ていて、それを使えば大概似たりよったりの味つけとなるわけでしょう。そこで美味しいすきやきを食べたいという時に、すきやき専門の店で食べようとするのですが、何をもって美味しいと判定するかというと当然メインの肉は何か、があって次は具は何かとなります。そこで選ぶ基準のようなものが人によって異なるのですが、仮に数人でその様な場面で行く店を決めなくてはならない時、最初は色々と思い思いの意見が出され、最終時にはその中の食通らしき人物の提案で合意されて、その店で実際にすきやきを食することになります。本当はここに書いたやり方はあるようなない様なやり方で微に入り細に入ればこんな具合という場面を書いたので、普通は即決して店に直行です。ただ食事の話題に肉料理に口を出せるのも、先に書いた、老人は肉を食うべしという流れを良い方にとらえてのことで、有難いことです。
 更に、具について、少々気になっているのは、野菜の春菊を入れるのが常道と思っていたのですが、我家のすきやきでは春菊は評判が良くなく、殆ど用意されません。そのほか、私にとって大切なことは、車麩が必須の具で、味がしみ込んだお麩を食べてはじめて、すきやきを食した気になるのです。(つづく)

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

最近身のまわりで起きた事(日常) 2015-11-25 (その7) [健康]

 私の年令で「健康を保持する」ことと「体力をつける」ことには大きな隔たりがあると思うのです。というのは、どちらを優先させるかを自らに問うとすれば、今は「体力をつける」ことを先ず考えますので、自分にそれだけの若さ素地が残っている証拠だと思うことにしています。しかし、いまのところ体力をつけるという目標に向かってあれもやりたい、これもやりたいと頭の中で思いをめぐらすことが多いのですが、ただちにそのためのメニューを始めることはしていません。
 例えば、鉄棒にぶら下がって懸垂をやり、腕立て伏せを何回と決めて何日も続けるとか水泳教室に通って、いつか競泳に出場しようかとか、走り幅跳びやって、少しずつ飛躍離を伸ばすとかすぐやれそうな運動をいくつか頭に描くばかりです。その気になれば、いつでも実行出来ると思っているうちは、まだ大丈夫かなと思い込んでいます。でも、その中に、やはり「健康を保持する」ことが先ず大事だと本気で思うようになった時が来るのかも知れませんが、その時は衰えを感じた時ではないだろうかとふと思ったりもします。ただ、最近は少しずつ肉の料理を増やすよう妻に頼むことが多くなりました。(つづく)

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

最近身のまわりで起きた事(日常) 2015-11-20 (その6) [健康]

この年令になると、やはり一番に関心をもつのは自分の「体力の衰え」についてであります。「健康を保つ」とはやや意味合いがちがって来ます。体力の衰えは、鍛錬により維持出来たり、増強したり出来るものがあり、常々この部分をどうにかしたいという願望はあるのですが、中々出来ていません。先般、私の喜寿を祝ってくれた中国の仲間の1人から太極拳教則のビデオを一式贈られて、これを見ながら実修すれば健康にもよいし、体力もつくのはまちがいないと太鼓判を押されたのですが、以来3ヶ月程経ちますが一度もやっていません。最近テレビ等で年寄りがよく肉を食べるから元気で病気もしないという話題がとり上げられることが多いようです。実は私としてはびっくりすることで混乱しています。

日本人の食生活における西洋化、つまり肉食が増えたために諸々の健康障害がおきている、だから、年齢がいってからはなるべく肉食はやめて野菜食に特化すべきだと云われ続けて来たように思い込んでいました。動脈硬化や高血圧、脳梗塞とか恐ろしい病につながる元だと思い続けて来ました。昔から肉は私の大好物で、今も食べたい食物なのに、そうとう程度、おさえて来ました。老人はもっと肉を食べろという話は私にとっての朗報なのです。がしかし、永年肉は避けようと云いきかせてきたものとしては混乱しているのです。体を鍛錬しようとして運動したとしても肉食していなければ、筋肉はつかないというのです。(つづく)


最近身のまわりで起きた事(日常) 2015-11-16 (その5) [趣味]

その内容とは、私が20代の頃、もうれつに好きだったジャズの名曲や名プレイヤーの演奏が吹き込まれているというCD100セットものでした。曲のタイトルを見ているうちに、頭の中に若かった当時がよぎりました。曲の一つ一つが記憶によみがえって来ます。それらの曲のかなりのものが、バラ買いして今も私の手元にありますが、100枚全1000曲を超える集大成のこのCDをどうしようかと迷いつつ広告を捨てがたかったのです。この商品は私の青春とも云えるのではなかろうかなどと大ゲサにかまえたわけでもありませんが、そばに置いて好きに聴けたらいいなと、だんだん思いはじめたのは事実です。その時逡巡したのは1つに既に持っているCDと相当枚数がかぶってしまう、2つ目は100枚を置くとすると他のCDの置場所を圧迫する、3つ目は価格もそこそこで安い買物ではないといった理由でした。そこで、買うときめたのが、私のこれまでの人生において必ずしも多くない趣味の一つはジャズを聴くことなのだと気づいたことでした。というわけで、私の趣味はと聞かれたらはっきり「ジャズを聴くこと」と答えることになるでしょう。(おわり)


最近身のまわりでおきた事(日常) 2015-11-14 (その4) [趣味]

  何かの時に「あなたの趣味は?」と聞かれたら何と答えるのか。少しずるい言い方をするとまじめに答えなくてはならない場面と、どうでも良さそうな場面とでの答え方はちがっています。いつもはこのような場面を想定して答えを用意していませんので、そのような時、答え方をどうするか一瞬とまどいながらも、あまり時間をかけずに答えて来たと思います。このテーマについて書いているのは、そのような場面に今遭遇したわけではありません。実は、毎日届く様々な広告の中に、そのままゴミ箱へ捨てられないものが目にとまり、その送付されて来た資料をながめ始めたのです。それはジャズCDを買えというものでした。そこで、私は私自身に質問したのです。私はこれまで80年近く生きて来ているが自分の趣味は何であったのかと。自分の趣味について自問自答する場面に直面したというわけでした。(つづく)

最近身のまわりで起きた事(日常) 2015-11-13 (その3) [麻雀]

何と、またしても突然動かなくなってしまいゲームは中断せざるをえず、今度も雀卓の上板をあげて中をのぞきましたが、この機械は旧卓と構造が違っておりどうして直してよいか全くわかりません。そのうちにメンバーの1人が、実はこの雀卓は前に使ったことがあり直し方は多少わかるというので、あちらこちらいじくり回すうち、どうやら動いてくれてゲームは再開しました。その後、しばらく具合はよかったのでしたが、またまた動かなくなり、再び同じような手順でいじくりまわす中、一応動くようになりましたが、こんな調子では旧卓は交換しなければ良かったと思い始めたのです。この日は何となく気がかりのままそのままにしておくことになりました。

次の土曜日は別のメンバーに声をかけてありましたので、もし途中で卓がストライキを起こしたら弱るなと思いつつゲームを開始したのです。前回と同様始めの中はどうやら順調でしたが、またまた故障です。今度は誰もこの機械は知りませんので直すことは出来ません。しかし、夕方まで少し時間もあり、やめたいメンバーはおりませんでした。結局、電動卓の上で昔なつかしい手積み麻雀でもやろうということになり、今ではなれない手つきでかきまわして、積むというやり方でやること数時間、どうやら、夕方7時ごろまでそのままつづけて終了しましたが、これでは、これからどうするのかと思案にくれています。(とりあえずおわり)




最近身のまわりで起きた事(日常) 2015-11-12 (その2) [麻雀]

そんな時は、これまでは不具合の原因が分かっていますので、慣れたやり方でやりさえすれば、問題なく雀卓は機能するものと皆理解していましたのが突然様子が変わってしまいどうやっても下から上がってくる筈の牌が見えません。何回もくり返し試みましたがうまくいきません。そこでメンバーは異口同音もはや寿命だとさけび、その日はそのまま終了することにして、後で対策を別途考えようということになりました。ところが翌週になって仲間の1人から中古だがよく動く雀卓が手に入った、問題なさそうだというのです。そういうことなら願ってもないことだと早速受け入れることになりました。その週の土曜日にはもちこめるとのことで旧卓1台とその卓と交換作業も無事すませて午後から早速ゲームを始めることとなりました。打ちはじめると、確かに中古ではありましたが、見事順調に機能し皆で良い卓を手に入れたものだと大喜びで何回かゲームをすすめたのでした。

ところがです(つづく)


最近身のまわりで起きた事(日常) 2015-11-11 [麻雀]

だいぶ以前に書いたことですが、会社設立後15年間私は好きな麻雀を絶っていましたところ、妻が私と社員とのコミュニケーションをはかる手段にと電動麻雀卓2セットプレゼントしてくれました。かれこれ24年間使用して来ました。その使われ方はいつの間にか社員とではなく、今は私と同年代にちかい中老年の仲間とやるようになっています。今日はその麻雀卓の話です。


 卓は2セットありますが、面子の関係で殆ど1卓でやることが多いのですが、均等に使い分けようと交互に使用しましたが、かなり前に片方の卓が不具合になりはじめもう片方のみ使うことになりました。どういうわけかこちらの卓は具合が良く、支障は起きませんでしたが、ここ半年位前から調子が悪くなりはじめたのです。お金を出し合って新卓にかえようという声があがっても決定とはいきません。そこで、使用してきた卓の不具合の原因をさぐっている中に簡単に修復できる方法が見つかったのでそのまま使い続けることになりました。因みにその修復の仕方というのは、卓上の4ヶ所ある牌が下からせり上がって来る部分の一ヶ所を指で押し乍ら、セットボタンを始動すると見事に問題なく開始できる状態になるのです。そのやり方で最近まで続けて出来たのですが、ある時それが効かなくなりどうしようもなくなってしまいました。   (つづく)


カジノの話(その2) 2015-10-01 [カジノ]

ところで、マカオに到着した初日の夜のバカラの話に戻します。

この日の作戦を事前に立てていました。それは、日頃私のバカラ戦略の一つの毎回毎回勝負に参加しないで、確信があるときにしっかり勝負し、必ず勝ちを取るということです。この作戦を実行するにはあらかじめ自分に暗示をかけておく必要があります。これをしないとカジノマジックにかかってしまうのです。

つまり、負けたら次に取り返す。勝ったら次も勝つとの思いが頭のなかに充満して、そのまま賭け続けてしまい、気づいた時は容易には取り戻せないところまで落ち込んでしまうことが多いのです。従って、この時の作戦を見事に実現するぞというのは自分との戦いでもあり、負けない秘訣でもあります。というわけで、ゲームの流れを読み取ろうとしばらく見(ケン)をします。やがて勝つという確信が持てた時にやおらチップを置くのです。その結果は先ず確信は現実となり、見事チップは倍になって戻ります。その時点でゲームを打ち切り、わずかばかりの勝利の成果を持ち帰ることも可能ではありますが。マカオまで来てそれで終わりというわけにはいきません。

その後しばらくケンを続け、再びここぞという時を待ちます。そのここぞという場面がやって来て、満を持してチップを置いてみます。結果は、確信は儚く崩れてしまい、元の木阿弥と化します。しかし、元に戻っただけで負けてはいません。ですからとりあえず、平常心を維持できます。その後も作戦通り、何回か続けましたが、終了予定時間までの成果を見ると何とトントンの状態です。チップは増えも減りもしないで終わりを迎えようとしています。その時、その時もうやめようかと席を立ったのでしたが、意地汚く次のゲームの目を予想したところ勝つという確信のイメージが強くなり、立ちながらチップを置いて見ました。すると確信の通り、勝ちとなりトントンのチップはプラスに変わりました。そこで、そのまま終了を決心して部屋に戻ったのです。この話を書くつもりでいたその翌日のゲーム展開のほうが私にとっては印象的なものでしたから、前回のブログのように報告した次第です。(おわり)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。