So-net無料ブログ作成

最近身のまわりで起きた事(非日常) 2015-12-30 (終) [カジノ]

 ところで、そんなマカオで何もせずに終ったのかというと、そのようなことはなく、私にとってまたもやめずらしい体験をすることになったのです。これは記録に価する出来事でした。前に、バカラゲームの話を書いた時に、セオリーの一つとして「ツラは張れ」というのがありました。「ツラ」とは、バカラゲームの基本ルールである配られたカードの合計数字の末尾が大きいか小さいかで勝敗が決まるやり方で、その結果が見えるようにボード上のます目にバンカー()とかプレイヤー()とかが記録される時、()又は()が続けて出る型をツラと呼ぶのです。単純な確率からすれば交互に出そうなものが様々な結果となり、実際には次がどちらが勝つかは予想出来ないのが通常です。だからこそゲームになるのですが、不思議なことに()()どちらか一方が連続して出るとその次も更に続くことが多いことから「ツラ」には張り続けることが多いというセオリーなのです。そのツラも3回から4回続いた時にそのセオリーを当てはめるべきか迷います。プレイヤーは夫々の判断で()()かを選択します。そのまま続けて張っていくプレイヤーがいると思えば、逆に張ったりして勝敗の結果はわかれることになります。そこで偶々5回目も同じ目となったとなると殆んどプレイヤーは次の目は同じ目と信じ全員連続する目に張るのです。これが「ツラに張る」状態です。しかし仮に皆がツラに張ったからといってその通りの結果でないことは当たり前で、結果はまちまちとなります。そこで6回連続して同じ目となった時ボードのます目は6コですから、ツラ状態がよくわかります。問題は次も続くかどうかが迷うことになります。そこで迷わず同じ目に張り続けるのはとても気が楽ですから殆どの人はそうします。しかし確率を考えると7回も同じ目が出るかどうか難しい判断となります。7回目も同じ目が出たとすると、ます目ではすぐとなりの右のますに記録が出て、丁度ローマ字でLの型が出来そうです。この辺りから仲間同志L(エル)が出たと思い、場はもりあがり始めます。

 さて、今回私に起きた話に戻します。実際の話、ボードの上から続けて6ますが()のツラとなりました。ここまではよくあるケースです。当然、続けて()に張るわけですが、心ではもうすぐ“P”に変るかも知れないと思いつつもセオリー通りに()に張り続けます。結果は()で連続7回のL型が見えたのです。久しぶりのL字と次第に気持ちが高まります。結論を急ぎますと、8回目も9回目も()が続きその後3回引き分けのを入れて都合21()に張ったまま勝ち続けることが出来たのです。つまり、()の目が出るまで()18回出続けたことになります。勿論私は、こんなことは初めてのことでした。終わり良ければ全て良しの今年の戦いでした。(おわり)


最近身のまわりでおきた事(非日常) 2015-12-29 (その2) [カジノ]

  今年も何回かマカオに来て感じていたことは中国の政策の影響から、中国人客の減少が続いており、観光客も買物客も、そしてカジノ客もかつての人混状態が段々と解消してきたことです。新聞等でもそのことは報告されていて確かなことと思っていましたが、今回、今年最後のマカオということから、いつものLホテルだけでのテーブルばかりでなく以前に行ったWホテルのテーブルはどうだろうかとのぞいて見たくなり、向かいました。すると、まず目に入ったのはホテル周辺はあまりにも人がいないことでした。少なくとも私の持っていたイメージとは異なります。入ってからロビーにも人はまばらです。カジノはどうかと足を踏みいれて見るとアッと驚くほどの光景です。以前の様子とは、まるでちがいました。あの広いカジノスペースのレイアウトが変わってしまい、テーブルゲームのコーナーのいくつかはマシーンが設置されてしまったものの、あのうるさい音も聞こえません。マシーンで遊ぶ人がいないのです。そればかりか残る他のテーブルもディーラーもゲーマーはいません。どうなってしまったのかとしばらく歩きまわっていると、奥に何やら人の気配がある部屋があり入口はドアでしきられているのです。近よって見ると、何と喫煙OKの案内があり中に入って見るとやっとゲーマーを見つけることが出来ました。つまり、バカラのゲーマーの中にはたばこをはなせない人が多くいるのですが、殆どのカジノは禁煙とした為もありゲーマーの数の減少の一因となっていましたところに、客の激減をくいとめるためにとった方針換えかと思いました。さらにバカラテーブルに近よって見ると、ベットの最低金額は3000HKドルとなっていました。これで客の数が少ない理由が納得出来ました。いつも私がすわるLホテルのバカラテーブルは最低ベット金額が50HKドルや100HKドルのテーブルもあり、さすがにゲームを楽しむ人は減ったとは云えそれなりにいたので、今回実際に見たWホテルのカジノの景色はがく然としてしまいました。(つづく)


カジノの話(その2) 2015-10-01 [カジノ]

ところで、マカオに到着した初日の夜のバカラの話に戻します。

この日の作戦を事前に立てていました。それは、日頃私のバカラ戦略の一つの毎回毎回勝負に参加しないで、確信があるときにしっかり勝負し、必ず勝ちを取るということです。この作戦を実行するにはあらかじめ自分に暗示をかけておく必要があります。これをしないとカジノマジックにかかってしまうのです。

つまり、負けたら次に取り返す。勝ったら次も勝つとの思いが頭のなかに充満して、そのまま賭け続けてしまい、気づいた時は容易には取り戻せないところまで落ち込んでしまうことが多いのです。従って、この時の作戦を見事に実現するぞというのは自分との戦いでもあり、負けない秘訣でもあります。というわけで、ゲームの流れを読み取ろうとしばらく見(ケン)をします。やがて勝つという確信が持てた時にやおらチップを置くのです。その結果は先ず確信は現実となり、見事チップは倍になって戻ります。その時点でゲームを打ち切り、わずかばかりの勝利の成果を持ち帰ることも可能ではありますが。マカオまで来てそれで終わりというわけにはいきません。

その後しばらくケンを続け、再びここぞという時を待ちます。そのここぞという場面がやって来て、満を持してチップを置いてみます。結果は、確信は儚く崩れてしまい、元の木阿弥と化します。しかし、元に戻っただけで負けてはいません。ですからとりあえず、平常心を維持できます。その後も作戦通り、何回か続けましたが、終了予定時間までの成果を見ると何とトントンの状態です。チップは増えも減りもしないで終わりを迎えようとしています。その時、その時もうやめようかと席を立ったのでしたが、意地汚く次のゲームの目を予想したところ勝つという確信のイメージが強くなり、立ちながらチップを置いて見ました。すると確信の通り、勝ちとなりトントンのチップはプラスに変わりました。そこで、そのまま終了を決心して部屋に戻ったのです。この話を書くつもりでいたその翌日のゲーム展開のほうが私にとっては印象的なものでしたから、前回のブログのように報告した次第です。(おわり)

カジノの話 2015-09-26 [カジノ]

久方ぶりにカジノの話をします。

カジノで遊ばない人にとってはどうでも良いことだし、遊ぶ人にとっても所詮他人事で自分とは無関係と結局はどうでも良い事に違いないとは思いますが、私のカジノの歴史の中で、今までに経験したことがないような出来事を実際に体験したことなのです。どうでも良いことのついでにその事を考えて見ます。

 今月9月17日から19日迄に訪れたマカオでの出来事です。マカオに着いた晩と翌日の戦いについてですが、まず、着いた日のやり方は私としてはその後のハイライトというべきことが起きなければ、おそらく真っ先に書いたと思えるそれなりに興味ある戦果でしたが、これから書く話は初めての体験でしたので、その話をまずします。

 2日目の夜の戦いです。実はその頃迄の戦果は大きく負けていて、帰るまでに残された時間に取り戻せるのかとても不安でした。そんな気持ちで臨んだせいで、戦い方はチビチビと情けない程弱気で、少しずつ負けがかさんでいったのです。そのまま戻せそうもないと判断し、ここで打ち切る、つまり負けを取り戻そうとせず、株の世界で使う損切りを覚悟したのでした。やめて他人の戦いぶりを見ていてからしばらくして、隣で戦い継続中の一緒の仲間が私の様子を見て、或いは見兼ねてもう少し付き合えよとばかり、ミニマムチップを2つまわしてくれたのです。勿論、それでも負ければすぐに精算してやめようと思い、それ以上欲を出すつもりはありませんでした。ところが、そのわずかなチップは幸福を呼んだとしか云いようもなかったのでした。はじめの中はそのチップは増えたり減ったりしていたのですが、或時、目の出方が今までとは違う形をとり始めたのです。ゲームはいつものようにバカラでしたが、P(プレーヤー)の後連続4回B(バンカー)の目が出て、その後も同じ目のパターンでPが1回、Bが4回、通常はここまでは良くある目で驚くことはありません。ところが、あとから結果を振り返るとその後の3回目のパターンがPが1回、Bが4回と全く同じ目が繰り返されたわけです。2回目のパターン当たりから、どこからかひらめきがあり、私は1回目のパターンの繰り返しを念じてP・B・B・B・B・P・B・B・B・Bと置き続けたところ、上に書いたように2回目も3回目も同じパターンが続いたのです。通常ならその辺りで考え直し、逆目を追うところですが、その時天の声が降りてきたのでしょうか、実はこわごわやり続けた3回目も信じられないことに、連勝したわけです。その間、何時外れるかと思いがつきまとい結局は、チップの量を増やすことが出来ませんでした。3回目が終わった頃にはこれ以上の深追いをせず、ゲームを降りようかとの思いが脳裏をかすめましたが、ある意味金縛りにかかった状態で私は4回目のパターンに挑戦していきました。そうすると、これも全く同目が続き、またまた勝利となりました。そして、5回目のパターンまで来た時、隣の仲間がここでやめてはどうかと云います。時間は折も折ミッドナイトの12時です。私もハッと我に返って、それまでの負けをほぼとりもどしたことでもあり、やめて立ち上がる決心をしました。その場に残っているとムラムラと再挑戦の気が起きてはいけないとばかり、そのまま換金窓口へと向かいました。

 そのまま部屋に戻るのが筋ではありますが、後学のためと思い直し、元いたテーブルを見学に行って私が戻った後の5回目も同じかどうか確かめるつもりで、ゲームを見ていると、何とその後1回Pの後4回連続でPとBが同数字の「和」即ちタイ()が続いたのです。そうなると流れは変わるはずで、案の定その後の目はいつものように判断が難しい目に戻ってしまい、私が4回目のパターンで終了したのは正解であったとホッとしたのでした。このような日が本当にあるのかと信じられない気持ちでしたが、本当にあった話です。それも傍観者として見たのではなく、直接のプレーヤーとして体験したことは忘れられない記憶となることでしょう。今となってはどうしょうもないことですが、チップをもっと大きくしていればと悔やむのですが、つまりは、結果論にすぎません。(つづく)


カジノ 2015-05-25 [カジノ]

 バカラのテーブルが開いた頃、私は移動することを告げたところ、B.J愛好者のH会長も自分も付き合ってバカラを覚えると腰を上げました。私はそれまでのH会長のB.Jでのペアの手口が気になっていましたので、バカラのテーブルにもあるペアのボックスにチップを置いて見ました。ペアの掛け方でB.Jとの違いはペアがプレイヤー側に来たのか、バンカー側に来たのかを当てなくてはなりません。どちらか一方に掛けたものの、逆に来たとすると勝負は負けとなりチップは没収されます。ペアが来る来ないは正に時の運ですから、どうせ掛けるなら、プレイヤー、バンカー双方にチップを置くことが一般的であります。ペアの来かたはB.Jと同じで同マーク、同数字の本チャンのペアであれば24倍がついて来るのです。単純計算ですとバカラの1回の勝負には46枚のカードを使うのでシューからとり出されたカードでのゲーム回数は、全カードの尻尾の部分がいくらかカットされて、使わない約束ですから大体80回前後で1回のクールは終了します。従いリスクを負ってのペアに掛けるチップの枚数は最大(置くチップの枚数X)×2(プレイヤー、バンカー双方)×80回=160Xとなります。Xをいくらにするかでリスクの総額が決まります。最悪のケース、80回の中1回もペアが来ないリスクもあるのです。こうなると運を天にまかせる気持ちで毎回ためらいもなく、ペアが来るのを待つことに腹を決めるわけです。H会長は勿論、毎回ペアねらいはB.J戦と同様です。ペアの出来方はまちまちでしたが、うまい具合に何回もペアが来たのでその度に2人してバンザイをして喜びました。その日は或る時間帯、実際は夜の10時から12時ごろでのバカラゲームの時は予想外(期待通り)にペアが来はじめ、見る見るチップは増えて、チップの山が築かれました。ここで冷静になって振り返ると、今回のようにバカつきのようにペアが来ることはめったにあり得ないことです。そうでなければ、カジノで負けるゲーマーはいない筈です。しかし事実として今回のようにバカつきにうまく乗れた場合は負け知らずの気分になれます。これは、たぶん大数のゆらぎの中での超現象というべきで、次回も同じ目に合えるとは云えません。そんなことは十分わかっている私ですが、この体験をもう一度試して見たいと思ったりしています。大数のゆらぎの理論をこれに当てはめるには違和感がありますが、いずれにせよいちかばちかのバクチの世界の事ですから、次の次はペアにはりつづけることはやらないと決めた時は、その意志に従う魂を養うことも修行の一つでしょう。(おわり)

カジノ 2015-05-23 [カジノ]

 いつも思うことですが、どういうわけかB.Jディーラーの強さは凄すぎます。プレイヤーが3人の時はテーブル上のボックスは原則的に3ヶ所開くのでその場合ディーラーと3か所(3)の戦いになります。順番に1人ずつ3枚目のカードを引くか止めるかを判断しその結果バーストすれば負けが決まりチップは没収されるのがルールです。そして残ったプレイヤーとディーラーとの戦いになるのですが、プレイヤーが勝つのは、私の見たところ、10回の中23回です。そこでプレイヤー3人であってもカードの配分を変化させようと4ヶ所も5ヶ所も開くことがあります。その結果で勝率が変わることは余りないのです。公平のように見えるB.Jのルールの中にやはりディーラーに有利なインチキでない法則が存在しているように思っています。その中の一番大きなプレイヤーに不利なものは、3枚目のカードをとるとらないの判断を誤るとその場で勝負が決してしまうことです。最後にディーラーがバーストしたとしても必ずしもプレイヤー全員に負けることはないというルールです。それを承知で勝負を挑むのがB.Jゲームの楽しいところでありますが、そこに活路を見出す策として注目されるのが、ペアで勝負をかける方法なのです。常識的に考えると8組のトランプガード(52枚×8)416枚が入ったシューからとり出すカードがプレイヤーの前のペアの枠に2枚同じ数字が配られる確率又は可能性がどれだけあるのかという素朴な疑問です。その可能性はあってもとても低いと思われます。もし、ペアが現れなければ置いたチップは全部没収され損失が増えます。しかし偶然ペアが来ることを期待してリスクに挑戦すると毎回々々ペアにチップを置くか時々にするか、或いは全く置かないか、又チップ額をいくらと決めるのか、甚だリスキーな判断ではありますが、H会長は毎回々々ペアがそれも最高のペアが来る事を強く念じてチップを置いていくのです。思うにB.Jの本来の勝負に期待はしていないのです。前に書いたように、最高のペアは同マーク、同数字です。24倍狙いです。偶然とはおそろしいものです。最高が何回もやって来たりして、見る見るチップの山が出来るのです。大阪人らしく本チャンが来たと大喜びです。他のペアが来ても喜ぶどころか残念な表情を見せたりします。これも理解不能な現象なのですが、H会長が置いたペアのボックスに連続して来るのですが隣の私が置くペアのボックスには全くといって良い程、ペアが来てくれません。それにローカルルールで他のプレイヤーの前にもペア待ちのチップを置いても良いことになっていますので、チップのかけ捨てのリスクは高まりますが、奇妙なことに他のプレイヤーがペアをとることもあって結局は、そのクールを通して大きく勝って終るのです。

 この体験を目の当たりにした私は、バカラのテーブルでのペアボックスの応用を試みました。

(つづく)




カジノ 2015-05-22 [カジノ]

 最後は昨年93日のカジノの話で終わっていました。読み返してみると、我乍らずい分勝手な考えをしているものと思ってしまいます。でも、私としては、十分納得も出来ているところです。そうでなければ話はすすみませんし、真っ当な理論展開だけでは意味も、面白味もないと思っています。

 さて、その続きとして、カジノの話から始めるのが入りやすいかなという気がします。相変わらず、私の好きなゲームはバカラです。そのバカラゲームのやり方のどこに注目するかについてです。前にも書いたと思いますが、ディーラーがプレイヤーとバンカーに各々配り始めの2枚ずつのカードについて、本来の勝負を決定する最終の1ケタの数字とは別に、偶々同マーク、同数字であるか、或は同じ赤又は黒のマークであってつまり、ハートとダイヤ、スペードとクラブのように同色で同じ数字であるか又は赤黒のマークで同数字であるかでディーラーと勝負するやり方がローカルルールとしてあるのですが、その話です。これらはトイツ又はペアといわれ倍率が高く設定されています。マカオでは11倍です。

 今年のゴールデンウィークを利用してオーストラリアのケアンズに出かけて来ました。ここのカジノはペアの出方が上記のように3種類あるのですが、なんと最大24倍で次が12倍、最低でも6倍です。

 ケアンズは、78年前に大阪在住のH会長夫妻とお目にかかって以来、何回も一緒に食事もゲームもさせて頂いている間柄です。実はその方と今回滞在中にカジノでプレイをした時の話です。H会長はブラックジャック(.)のゲームを専門に楽しんでおります。ケアンズのカジノはバカラゲームよりもB.Jの方が人気でバカラのテーブルのオープンは遅いのです。そこでH会長の隣でB.Jのゲームに参加したわけですが、かつて私はB.Jにはまった時期にその面白さを十分に味わったことがあり、B.Jそのものはきらいではありません。

 H会長と私のB.Jのやり方の違いは、B.Jゲームに設定されているローカルルールのペアに必ずチップを置くやり方で、私はペアには殆ど期待せず本来のディーラーとの勝負を中心にペアには殆どチップを置いてきませんでした。すると、H会長のペアに対する或る意味執念にちかいものが効を奏するさまを目にしました。(つづく)




カジノ 2014-09-03 [カジノ]

 予定通り820-22日マカオへ出かけました。

 今回のカジノ談議の主テーマは勝ったのか、負けたのかを認識する時点をいつとするのかで全く異なった結果が得られるというものでした。いつものように判断しさえすればことは簡単で、議論の余地はないのですが、或る期間のゲーム結果を論じたい時にはその時の事情を考慮することによってゲーム自体に特別の姿が感じられることがあります。具体的には、この7月、8月の3回のカジノ戦をふり返る時最初のマカオが偶々ゲーム途中で中止してしまい、次回に結果を出すという思いのまま2回戦のJEJUが思いの外ゲームにならなかったので、3回戦目のマカオで決着という流れで臨んだのです。そこで、この度のシリーズのゲームは終了し、結果は負けずに済んだと云えるのはとても楽しい気持ちです。これこそが、次に挑む糧であり、生きがいにもつながっているのです。そこで帰国する前に次回10月の日程をいつもの仲間ととり決めました。ところで、このカジノテーマのブログを読む人がどの部分に興味があるのかわかりませんので、仮に第3回目のカジノゲームで勝てた理由に興味があるとして、その時のゲームの骨子にふれておきます。基本はシャッフルを終えたばかりのテーブルにつくようにしました。当然ゲームの最初の1手から3手位までは全く当てずっぽうでやるのはリスクが大きいので、チップを置くにしても最小単位です。それも避けたい時はディーラーにフリーハンドを促し何とかそのテーブルの傾向を読むことでした。次々に手が進む中に、そのテーブルのカード傾向が見えて来ます。楽に次の手を読める時とどうにも考えがまとまらない難しい手の時とかあるのですが、それらを乗り越えて次の手のプレイヤー、バンカーのどちらかにチップをおくか、そしていくらチップをおくか、或は見(けん)するかを瞬時に判断するのはとても疲れます。そういう状況で惰性的にチップを置き続けるのは決して成功しないと一旦席をはなれてゲームの流れをやり過ごすのです。気持ちが落ち着いた頃再開するというゆったりした気分でゲームが楽しめるようになればほぼ目的は達せられるのです。(とりあえずおわり)


カジノ 2014-08-21 [カジノ]

 7月のマカオの話ですが、バカラゲームを戦って勝った負けたをどう判定すべきか、やや気になっています。極言すれば勝・負どちらか或はイーブンであったと結論づけるための時点のとり方によって当然変わるわけですから、自分で納得出来る時点を設定してその結果を記憶する等ともやもやした感情にとらわれるのは、マカオで負けたことが原因です。何故勝てなかったのか、或は何故負けたのかをいつも反省します。これ自体は私にとって重要なことでして、次への挑戦の糧となります。ついでに云いますと、7月のマカオの戦果については自分の中ではこんな処理をしてしまいました。つまり、マカオを離れる時、722日では負けをとり戻せないまま終了しましたが冒頭ふれたことが、頭をよぎり、今はゲームの途中であり結論を云うのはまだ早いと自分に言い聞かせることにして、負けて悔しい思いをしないようにしました。そう云うわけで次の機会は8月のJEJUのつもりでしたが、JEJUのカジノの雰囲気は先日書いたようなわけで、7月のマカオは今も終ってはいないのです。
  824日に、私の誕生休暇を勝手に取ることにしてマカオに向かいます。それでも駄目であったら、その時はその時でしょう。
  蛇足ながら、カジノ通いが止められない私としては、一応基本的な考えのもとにゲームを楽しんでいます。それは大負けさえしなければ十分にカジノゲームを楽しんだ意味があるということです。その意味とは、これまであれこれ書いてきましたのでその中に含まれている筈です。
  因みに、今日821日は私の76才の誕生日です。この日にこのテーマでブログを書けたことは何よりでした。(おわり)

カジノ 2014-08-20 [カジノ]

 7 20-22日はマカオ、813-16日はJEJUに行って来ました。この時のカジノに限っての話をします。
 マカオとJEJUのバカラについて、戦果をいう前に総括的な印象からはじめます。何年ぶりかでJEJUでバカラをやりましたが、今回全くもって、私が期待したカジノの雰囲気ではありませんでした。というのはJEJUではいつもマカオでバカラを楽しんだように楽しめなかったのです。今回はHホテルとLホテルでのバカラ体験でしたが、マカオのバカラでは勝っても負けてもバカラを楽しんだと思えたのですが、JEJUのはそうではありませんでした。おそらくカジノハウスのシステムが全く異なっていたからだと思います。はっきりいって私はカジノの客として扱われていなかったのです。強いていうならばカジノは明らかに中国本土のプレイヤーを客と見て、彼等に用意されたバカラテーブルが主たるテーブルで他のテーブルにはデーラーがいないのです。かと思えば、もう一方のホテルのカジノでは、プレイ中のバカラテーブルは全て椅子の数だけプレイヤーが占拠しており、空きが出るまではプレイ出来ません。こんな状態ではこちらのペースでゲームすることは出来ません。それでも何とかプレイするところまではいったのですが、マカオではよくやるように、このテーブルでは勝てないから別のテーブルにつくなどというプレイヤーとしての誇りはありません。勝てないままそこに居座る他ありません。
 こんな具合でJEJUは当たり前のように負けで終わりました。こんなふうに書いてくるとマカオではうまくいったと思うかも知れませんが、実はそのようなことはなかったのです。(つづく)

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。