So-net無料ブログ作成

お墓はパーソナル・パワースポット2016-3-17(その5) [思索]

  その時の「分骨」の手続きは新規に求めた墓地所有の証明書と交換に菩提寺のご住職から分骨証明書をもらい再び新規墓所の管理者にわたして納骨するという手続きを経て、お墓を建立出来ました。私が求めたお墓は私が住むところから車で15分くらいの近くにあり、お墓参りにはとても便利になりました。今年のお彼岸も家族でお墓参りに行きますが、パーソナル・パワースポットであるお墓の前で私はいつものように話しかけをするつもりです。今回、報告や相談事等沢山ありますので、何から話しかけたものかと今から心の整理をしています。(おわり)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

お墓はパーソナル・パワースポット2016-3-16(その4) [思索]

  どの家族にも、その家の事情というものがあるように、私の家族にも避けられない変化が起こりました。それは、父が今から20年前に死亡した後に5年程経って三男の弟が59才で急逝し、遺骨を父の眠る墓に納めてありました。そして、今から10年前に母が亡くなり、そのお墓に眠っているのでしたが、我が家の事情と云うのは父が建てたお墓は長男の私が受け継ぐという不文律が四人の兄弟の間にあったものの、三男が亡くなり、そのまま父と一緒のお墓に祀られており、これから先どうしたものかと皆で考えねばならないという状況になりました。やがて、次男、四男は夫々自分でお墓を求める決心をして実行しています。従い父の建てたお墓をどうするのかについて最終的に兄弟家族で話し合った結果、三男の妻がそのまま引き継ぐことになり、私は別にお墓を作ることに決め、そのためにそこから分骨の手続きをとることにして新たにお墓を求めました。つまり、長男の私は並木家の菩提寺の檀家を離れることになったわけです。(つづく)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

お墓はパーソナル・パワースポット2016-3-15(その3) [思索]

  私は男4人兄弟です。父親が菩提寺にある我が家のお墓を建て替える話をしていた頃は終戦後のことで、私はまだ小学生でした。ですから、その時父は40歳台の初めだったろうと思います。その時の記憶に一番残っていることは、棹石に彫りつける文字の原稿を自分で筆をとって書いては書き直しをしていたことです。無論、正面の文字は『並木家の墓』でした。そして、両側面、裏側にも色々と書きたいようで小さい筆文字で何やら書いていました。だいぶ後になって、それらの彫られた文字を読むようになってわかったことは、父は兄弟姉妹が多かった中の出征して戦死した、私からすれば叔父の記録が彫ってありました。そんなことから、家族でお墓参りに行く時の私のお参りの対象はその叔父であることもあった気がしています。
 その頃一緒にお墓参りをした家族であった祖母も父も母もやがて亡くなり、そのお墓に祀られています。実は、10年程前に母が亡くなった頃我が家ではお墓のことで大きな変化がおきました。
(つづく)

ゲーム風.jpg


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

お墓はパーソナル・パワースポット 2016-3-14 (その2) [思索]

  お墓がパーソナル・パワースポットと考える根拠は、私自身これまで何回も、何10年にわたりお墓参りをして体験した事を通して感じて来たことがあるからです。お墓参りは必ずしも血縁関係のある人だけでなく、著名人の墓に目的をもって、或は旅先で訪れお墓参りするケースもあったりします。後者の場合はパーソナルという意味合いがやや薄れるのかも知れませんが、前者のケースが私の云うパーソナル・パワースポットなのです。墓前に手を合わせる行為から、たちまち私の中ではそこに祀られている故人達のイメージが、次々に脳裡をよぎり始めます。瞬間的に父であったり、母であったり、祖母や祖父の顔もうかびます。その時の私の思いを、以心伝心で交信します。自分が悩んでいたり、考えていることとか、色々な報告や場合によっては相談事もあったり、短い時間での話しかけを通して自分なりに納得した気持ちになれます。これはすごいことだと思っているのです。多分まわりは私が一体何を話しているのかわからないと思います。ですから尚さら、本気で対話出来てしまいます。ここでのミソはどんな内容の対話であったとしても声に出さない、それこそ以心伝心ですから満足感は大いにあるわけで、お参りした後は実に清々しい気持ちになれてパワーをもらった気持ちになります。即ち、私のパーソナル・パワースポットとしてお墓参りは私にとって大いに意義のあることなのです。(つづく)

パーソナルパワースポット03.jpg


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

お墓はパーソナル・パワースポット 2016-03-12(その1) [思索]

 最近よくパワースポットという言い方を耳にします。私の理解としては、或る場所がそこを訪れる人に何らかの影響を与え、それにより力を得ることが出来るという場合に、そこがパワースポットと云われているのでしょう。その力とは人により、様々かも知れません。或る人は霊能力と思ったり、或る人は病気を治せたと思ったり又或る人は勇気や元気をもらったと思ったとか、普段ではあまり変化のない状態が、その場所に行ったことで何とはなしに今までとはちがった力を得たと思うような場所がいつか多くの人に伝わりパワースポットと云われるのではないかと思うのです。
 ここで、パーソナル(パワースポット)としているのは不特定多数ではなく、限定的な人達のみが個人的にパワーを得ることが出来る場所があると感じられる場所はいつも私が提唱して来たお墓のことなのです。春のお彼岸を前にこのことについて書こうと思います。(つづく)

パーソナルパワースポット01.jpg


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。